日本人のための歴史雑学

武者ブログ

戦国時代・近世の話

井伊直政の死因は破傷風?鉛中毒?銃創が死亡原因となった赤鬼の最期

更新日:

※このページは 3 分で読めます。

井伊直政が亡くなった原因って何?

有力なのは破傷風説と鉛中毒説。
いずれにしても関ヶ原の戦いで負った傷が原因で死んでしまった。

 

徳川四天王の一人として有名な武将、井伊直政。

華々しい出世街道を駆け上がっていった直政は、関ヶ原の戦いで受けた銃撃が原因となり死亡しました。

井伊直政の死因についてくわしく見ていきましょう!

Sponsored Links

井伊直政の死因は破傷風?それとも鉛中毒?

井伊直政の死因

(井伊直政の死因は破傷風?鉛中毒?)

井伊直政の死因としては①破傷風、もしくは②鉛(なまり)中毒という2つの説が有力です。

①破傷風は傷口から菌が入り込むことによって起こる感染症のことです。

一方で、②鉛中毒は体内に鉛の成分が蓄積されることによって起こる中毒症状のことですね。

いったいどちらが、本当の井伊直政の死因なのか?について現在提唱されている説それぞれの根拠についてまとめます。

①定説は破傷風による死亡説だが…

まず、破傷風説。

死因は銃創(銃による傷)から細菌が入り込んだことによる破傷風という説です。

破傷風は、傷を負って3日から3週間以内には発症し、全身のけいれんや呼吸困難などですぐさま死に至る可能性の高いものです。

ただ、井伊直政は関ヶ原の戦いで傷を負ってから亡くなるまで1年5か月の間は持ちこたえているのです。

この点、破傷風による死亡という説明はやや不自然な部分があります。


Sponsored Links

②ホントの死因は、鉛中毒だった?

近年、井伊直政の死因は鉛中毒だったのではないかという説が唱えられています。

それは、体内に残った鉛製の銃弾が溶け出し、麻痺や貧血、嘔吐といった一連の中毒症状を引き起こしたというもの。

当時の外科技術であれば、体内に銃弾が残ってしまったことは想像に難くありません。

これなら撃たれた後、それなりの時間が経過して死亡したことのつじつまが合います。

じわじわと苦しみながら、直政は衰弱していったのかもしれません。

井伊直政が銃弾に倒れたときの状況

井伊直政って、なんで銃弾で撃たれたの?

関ヶ原の戦いの大づめのシーン。
「島津の退き口」を食い止めようとしたときに負傷した。

 

関ヶ原の戦いは西軍を率いる石田三成と、東軍を率いる徳川家康の戦いでした。

東軍の勝利が決定的になった時、西軍の一武将である島津義弘は戦場を離脱するために決死の覚悟で敵陣突破を図ります。

これが有名な「島津の退き口」ですが、これを食い止めるべく戦ったのが井伊直政の軍勢なのです。

「島津の退き口」に立ち向かった井伊直政

井伊直政は手勢ともに、敢然と島津軍に追い打ちをかけます。

そのさなか、直政に敵の銃弾が命中しました。

撃たれた場所は右肘、もしくは右肩、左腕とも言われていて定かではありません。

重傷を負いながらもどうにか本陣に帰還した直政の身体に、家康は自分の手で薬を塗ったそうです。

関ヶ原の戦いから1年と5ヶ月後の、1602年の3月24日。

井伊直政は41歳でこの世を去りました。

もう一つの忘れてはいけない要因「過労」

関ヶ原の戦いは東軍の大勝利に終わりました。

次のページへ >




Sponsored Links

-戦国時代・近世の話

Copyright© 武者ブログ , 2020 All Rights Reserved.