Sponsored Links

戦国時代・近世の話

松平信康の子孫のその後は?家康と信長の血を引く娘や子孫の運命

などに拡散していったことがわかります。

いずれも名家に大藩ですから、徳川家康やその子の秀忠が、松平信康の子孫を重要視していたことがよくわかります。

[ad#co-4]

松平信康の次女:熊姫は本多家で子孫を残す

松平信康の2人の娘のうち、次女はその後どうなった?

有名な本多忠勝(徳川四天王)の息子、本多忠政に嫁ぎます。

 

松平信康の次女、熊姫(あるいは国姫:後に出家して妙高院)は嫁ぎ先の本多忠政と仲が良いことで知られた夫婦でした。

熊姫と本多忠政は3男2女をもうけ、長男の本多忠刻(ただとき)は播磨姫路新田藩の初代藩主になります。

豊臣秀頼の死後に千姫を妻に迎えた本多忠刻

この本多忠刻(熊姫の息子)は大変な美丈夫(つまりイケメン)で知られた人物で、家康の孫の千姫を後に妻に迎えています。

千姫は豊臣秀吉の息子の秀頼の元妻ですが、大阪の役で秀頼が死んだ後に本多忠刻に嫁ぎます。

なお、忠刻からみると父母ともに家康の孫ということになりますね。

なお、この本多忠刻は宮本武蔵に師事したことでも知られています。

母の姉である登久姫が嫁いだ小笠原家には宮本武蔵が仕官していますから、そのつてをたどったのかもしれませんね。

[ad#co-5]

次男の本多政朝・三男の忠義

松平信康の娘、熊姫のその他の子孫には以下のような人たちがいます。

次男の本多政朝は、長男の本多忠刻が早世したため上総大多喜藩主、播磨龍野藩主を経て宗家姫路藩主になっています。

三男の本多忠義は徐々に加増移封され遠州掛川、越後村上、陸奥白河藩主になります。

長女の国姫は堀忠俊(お家騒動から改易)から有馬直純の正室になっています。

この有馬直純の父・有馬晴信は岡本大八事件で改易・死罪となりましたが、国姫が家康の血を引いているなど家康との関係が深かったため、連座を免れたそうです。

これら熊姫(松平信康の次女)の子孫は、姫路藩、陸奥白河藩、有馬直純の子孫は譜代大名となり越前丸岡藩主として明治維新を迎えています。

まとめ

松平信康の2人の娘、登久姫と熊姫。

2人の娘の子孫はたくさんの藩の藩祖となり、豊臣秀頼(秀吉の子)の元妻や細川忠利といったような有名人とも婚姻関係を持つに至ります。

天皇家とのつながりがあったことからもわかるように、松平信康の血は徳川家の中で重要視されていたのですね。

また、随所に宮本武蔵との関連が出てくるのも面白いところです。

江戸幕府初期~中期の歴史というのは大きな戦などがないので退屈になりがちですが、家系に注目して調べてみるといろいろと面白い事実に行き当たりますよ。

[ad#co-shita]

Sponsored Links



Sponsored Links

-戦国時代・近世の話

© 2020 武者ブログ