日本人のための歴史雑学

武者ブログ

近現代の話

西郷隆盛の身長体重は180cmで110kg?当時の平均身長と比較

更新日:

※このページは 4 分で読めます。

西郷隆盛の身長体重ってどのぐらいあったの?

身長180cm・体重110kgというのが有力説。

 

西郷隆盛といえば、まず脳裏に思い浮かぶのが体格の良さです。

大河ドラマ「西郷どん」で西郷隆盛を演じている鈴木亮平さんはどちらかというと「がっしりした巨漢」ですよね。

今回は、実際の西郷隆盛はどのくらいの身長・体重だったのか?について史実をもとに検証していきましょう!

>>新しくドイツで発見された西郷隆盛の写真についてはこちら

Sponsored Links

西郷隆盛は「身長=180cm・体重110kg」?

西郷隆盛の肖像,軍服

(軍服姿の西郷隆盛:wikipediaより)

西郷隆盛の身長と体重は、身長178~180cm程度、体重は100kgを超えていたというのが定説です。

それを裏付ける根拠としては、以下のような情報があります。

明治4年(1871年)、隆盛が土佐の豪商であった竹村家に宿泊した時の記録によると、身長は176~179cm、体重が97.5~101kgあったそうです。

これは当人たちの目視によるものですが、本人を実際近くで見た上で記録されたものです。

それほど実際のサイズからかけ離れたものではないでしょうね。

現代も残されている西郷隆盛の軍服

また、隆盛本人の軍服が一着、現代に残されています。

これは、明治6年(1873年)に実施された陸軍大演習の際、悪天候で汚れてしまったものが西郷家に伝わったものです。

そこから推定される隆盛の体格は、身長178~181cm・体重108~110kgです。

先程ご紹介した竹村家に伝わる記録と、およそ合致していますね。

このデータは、昭和12年(1937年)に建立された鹿児島の軍服姿の西郷像を制作する時に大いに参考にされました。


Sponsored Links

西郷隆盛は肥満体?ダイエットしていた?

西郷隆盛ってダイエット頑張ってたの?

健康上やばいぐらいの肥満だったので、
お医者さんに怒られたりしてます。

 

体重というのは当然ながらそのときどきで変動があります。

多くの情報で残っている西郷隆盛の体重というのは、明治維新が成立した後です。

この時期の西郷隆盛というのは政府の最高権力者ですから、自分であちこちを走り回るというような必要はあまりなかったでしょうね(西南戦争のときは戦争中ですから別ですが)

ここまで紹介させていただいたいる「体重110kg」というのは、明治新政府で陸軍大将に就任したときの情報といわれています。




管理栄養士が作った酵素サプリ

しかし、西郷隆盛は若いころは下級武士として駆けずり回っていましたし、絶海の孤島に謹慎して厳しい生活をさせられた時期もありました。

若いうちには巨漢であってもやせ形であった可能性はありますね(このあたりのイメージが鈴木亮平さんなのかもしれませんね)

西郷隆盛の食生活

この体重の変動に関しては、隆盛の食生活について触れねばならないでしょう。

西郷隆盛の好物は「とんこつ」に代表される甘辛く調理された肉料理と、「くず餅」に代表される甘い和菓子。

いかにも太りそうなものが好物だったわけですね。

幼少期・青年時代と貧しい暮らしをしていた隆盛ですが、大出世を遂げ新政府の要職を務めた壮年期になると、それまでの反動で好きなものを思いっきり食べたのかもしれません。

それでいて仕事はデスクワーク中心となっていたので、メタボリックシンドロームまっしぐらです。


Sponsored Links

医師からも肥満を治すように指示されていた

明治政府のお雇い外国人である、ドイツ人医師のホフマンから太り過ぎで不健康であるとの助言を受けています。

西郷隆盛がホフマンの世話になるのはいわゆる「征韓論」の前後ですから、ひょっとすると西郷は近い将来に朝鮮半島にわたることを想定していたのかもしれません。

ホフマンの助言を受けて、西郷隆盛はご飯や甘い物といった炭水化物を控えたり、積極的に愛犬を伴って狩りに出かけたりしたようです。

今で言う糖質制限ダイエットと、運動療法に取り組んでいたというわけですね。

下剤ダイエットまで…

次のページへ >




Sponsored Links

-近現代の話

Copyright© 武者ブログ , 2020 All Rights Reserved.