日本人のための歴史雑学

武者ブログ

その他

意識高い系大学生の特徴は?ありがちな会話やならないための対策

更新日:

※このページは 4 分で読めます。

「意識高い系大学生にありがちな行動」「あの人って意識高い系でちょっとうざい…」などなど、大学生にとって「意識高い系」と呼ばれることは必ずしもほめ言葉ではありません。

目標を持って頑張っていることは良いことなのですが、「自分はこんなにがんばっているんだ」ということをまわりに見せてしまうと「意識高い系」とちょっと馬鹿にされてしまうので注意してください。

特に、就活などのストレスの多い活動では「自分はがんばっている」という気持ちになってしまいがちなので注意したいところですね。

この記事では、意識高い系大学生にありがちな特徴や、そうならないための対策について具体的に説明します。

Sponsored Links

意識高い系の大学生の特徴:ありがちな会話や行動は?

意識高い系 大学生

意識高い系大学生にありがちな行動や特徴として、次のようなものがあります。

意識高い系大学生がとりがちな行動と特徴

  • ①マウンティングしがち
  • ②人脈アピールしがち
  • ③カタカナや専門用語をたくさん使う
  • ④SNS大好き
  • ⑤演出過剰になりがち

以下で順番に説明していきますので、「こういう人いるかも…」と思われた方は注意してください。

Sponsored Links

①マウンティングしがち

意識高い系 大学生

意識高い系の大学生は自慢が多いです。

自分が周りよりも優れていることや素晴らしい経験をしたことがあることをアピールし、未経験や未体験の人を見下します。

たとえば「あの被災地のボランティアに行っていろいろと体験をしてきたんだ。やっぱり募金だけでは不十分だね」などです。

被災地へボランティアに行くのは立派ですが、それをことさら偉そうに言ったり募金を見下したりする必要はありません。

②人脈アピールしがち

意識高い系 大学生

意識高い系大学生は社会的地位の高い人と知り合いであることをアピールしがちです。

経営者やお金持ち、世間に対して発言力の強い人、有名人と知り合いであったとしても、その人の価値が上がるわけではありません。

しかし、そこを勘違いしてしまうのが意識高い系の大学生です。

また、知り合いといってもフォロワー程度の繋がりである場合もあります。

Sponsored Links

③カタカナや専門用語をたくさん使う

意識高い系 大学生

サジェスト、コンプライアンス、リスケ、アグリー、アサイン、リソース…などなど、カタカナや専門用語を意識高い系の大学生は盛んに使いたがります。

自然な文脈でこれらの言葉を使うのは問題ありませんが、いかにも「自分はこんな言葉を知っているんだぜ」という形で言葉を出してしまうと意識高い系とみられがちです。

自分の中で言葉の意味がよく咀嚼(そしゃく:かみ砕くように理解できていること)されていないことが原因ですので注意してください。

④SNS大好き

意識高い系 大学生

話題のお店に行った、講演会を聴講した、こんな本を読んだなど、意識高い系の大学生は自分がした行動をSNSで拡散したがります。

ただ拡散をするだけでなく、自分が如何に成長をしたのか、どのような感銘を受けたのかなどを添えるのが意識高い系大学生の特徴です。

Sponsored Links

⑤演出過剰になりがち

意識高い系 大学生

意識高い系の大学生はリアクションや演出が大げさになりがちです。

口頭での発表で充分なところでプロジェクターを引っ張り出してくることもあります。

また、大学生には少し背伸びをしたブランド物で身を飾ったり香水をきつめにつけたりして個性を演出するのも意識高い系の特徴です。

Sponsored Links

意識高い系の大学生にならないための対策

意識高い系 大学生

意識高い系大学生にありがちな言動についてみてきました。

こういった意識高い系の大学生にならないためにはどうすればいいのでしょうか?

もちろん、「意識が高いこと」は本来、評価されるべきであるのを忘れないでください。

重要なのは「意識が高い人」と「意識高い系」の違いをよく理解することだといえるでしょう。

意識高い系の大学生と言われないためには以下のようなことを心がけてください。

Sponsored Links

意識高い系大学生といわれないために注意しておきたいこと

  • ①謙虚な心を持つ
  • ②自分を客観的に見る
  • ③人のことを気にし過ぎない
  • ④夢に向かって頑張ることを恥じない

こちらも順番に説明しますので、参考にしてみてくださいね。

①謙虚な心を持つ

意識高い系 大学生

次のページへ >




Sponsored Links

-その他

Copyright© 武者ブログ , 2020 All Rights Reserved.