日本人のための歴史雑学

武者ブログ

その他

大学生が読むべき本は?新書や小説、自己啓発のおすすめ書籍

更新日:

※このページは 4 分で読めます。

大学生活ではしっかりと勉強したいけれど、どの本を読んだらよいのかわからない…。こんな風にお悩みの方はきっと多いことでしょう。

教授が教えてくれる本は専門分野を深めるためのもので難しすぎるということもあるかもしれませんし、1年生~2年生の方はまだ自分の専門分野が明確に決まっていないということもありますよね。

この記事では、「どのような分野に進むにしても、卒業に役立つ本」を大学生向けに選んでみました。

新書・教養書・小説・自己啓発(ビジネス書含む)など、ジャンル別におすすめの本を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

大学生の読むべき本はそもそもどんな本?

大学生 読むべき本

まず、大学生が読むべきはどのような本なのか?について確認しておきましょう。

大学ではこれまでのように「これをやりなさい」という用に強制されることは基本的にありませんから、しっかりと判断基準をもって取り組む本を決めることが大切になります。

大学生が読むべき本を探すときには、次のような点に気をつけて選んでみてください。

大学生が読むべき本を探すときの基準(参考)

  • ①「古典的名著」といわれる本を選ぶ
  • ②ジャンルではなく、テーマをもとに選ぶ

以下、順番に説明させていただきます。

Sponsored Links

①古典的名著といわれる本を読む

大学生 読むべき本

まずは、世の中に出版される本というのは、基本的に「本の作者が読者に本を買ってもらうために出している」ということを理解しましょう。

その中には、すでに誰かがどこかで同じようなことをいっているのをつぎはぎのようにつなぎ合わせて、1冊の本にまとめて出しているようなケースもあります。

そのような本を選んでしまわないようにするためには、「古典的な名著」と言われるようなものを選ぶことが大切です。

古典的な名著というのは、ごく簡単にいえば「長い期間にわたって、いろんな人からの批判にさらされながらも生き残っている本」ということができます。

次々と出版される本を追いかけるような本の選び方をしていては、お金がいくらあっても足りませんから、古典的な名著を選んでその1冊を何度も読むという形の方が得るものは大きい可能性が高いでしょう。

Sponsored Links

②ジャンルではなく、テーマをもとに本を選ぶ

大学生 読むべき本

特定の専門分野がすでに定まっている方は、「このジャンルを勉強するなら、この本を読んでおかないと」というものを順番に読むことにも意味があります。

一方で、まだ自分の専門分野が決まっていない人の場合、このような読み方をしてもあまり得るものはないでしょう。

本を読むのは「なりたい自分に近づくため」「自分がくわしくなりたい分野について過去の業績や知識を身に着けるため」です。

なので、まずは「自分はどういうテーマに興味があるのか?」を明確にすることから始めてみてください。

例えば、法律について学びたい人であれば、単純に憲法・民法・刑法…と順番に選んでいくのではなく、「自分はサラリーマンとして働く人たちを守るための法律知識について学びたい」という具体的なテーマ(どういう分野で役に立つ人になりたいのか?)をまずは設定します。

そのうえで、「サラリーマンを守る法律を知るためには、これを知っておく必要があるから、この本を選ぶ」というように本を選ぶのがベストです。

あくまでもテーマ(サラリーマンを守る法律を学ぶ)が先にあって、ジャンル(憲法・民法・刑法…)は後に来るものであるということを知っておいてください。

以下では、古典的な名著といわれる本からピックアップして大学生におすすめの本を紹介します。

Sponsored Links

大学生の読むべき本【小説編】

大学生 読むべき本

あなたも小学生の頃から、授業や感想文など、さまざまな場面で小説に触れてきたかと思います。

だからこそ、読書を習慣にしたい方にはうってつけ。

楽しみながら、活字に慣れ親しむことができます。

さらに、本を読みなれた大学生の方には、長編小説にも挑戦していただきたいです。

小説は単に登場人物の心情のみならず、書かれた時代背景や当時の慣習など、さまざまな知識を得ることができます。

長い夏休みだからこそ、じっくりと長編小説を読み込んでいただければと思います。

Sponsored Links

①「深夜特急」(沢木耕太郎)

世界を旅するバックパッカーの間で語り継がれる名著です。

日本からロンドンまで、陸路での横断を決意した著者。

わずかながらの所持金をもち、各地でさまざまな出来事を経験しながら、一歩一歩、その道のりを歩んでいきます。

その活力みなぎる文体は、旅の辛さも楽しさも、すべてダイレクトに伝えてくれます。

次のページへ >




Sponsored Links

-その他

Copyright© 武者ブログ , 2020 All Rights Reserved.