日本人のための歴史雑学

武者ブログ

その他

大学生が読むべき本は?新書や小説、自己啓発のおすすめ書籍

更新日:

※このページは 2 分で読めます。

全6巻と量はありますが、長い夏休みだからこそ、じっくりと読み込んでみてほしいです。

読み終わったころにはきっと、あなたも旅に出たくなりますよ。

読み終わると旅に出たくなる人も多いのだとか。

狭い世界に閉じこもらず、いろいろな国や人と出会いたくなる気分にさせてくれるでしょう。

Sponsored Links

②「わたしを離さないで」(カズオ・イシグロ)

ノーベル文学賞を受賞したカズオイシグロさんの、心を打つ名作です。

映画やドラマにもなっていて、観た人もいるでしょう。

原作で読めば、また一味違う感動を覚えるはずです。

臓器提供の目的で生まれ育った人間が主人公というちょっと珍しい設定ですが、情感あふれる文章で、違和感なく読み進むことができます。

素直に感動できるものが読みたい、愛や命について深く考えたいという人にぜひ読んでもらいたい本ですね。

③「アルジャーノンに花束を」(ダニエル・キイス)

アメリカの作家、ダニエル・キイスのベストセラー小説です。

知的障害の青年が手術により知能が向上たことで、さまざまな経験をする物語です。

世界を知ることで愛や憎しみを知り、苦悩も知ることになる過程を、主人公自身が淡々と語っていきます。

障害があること、健常者であることを深く考えるきっかけになる本。

本当の幸せとは何かについて考える機会を与えてくれるでしょう。

Sponsored Links

④「何者」朝井リョウ

映画化もされたこちらの小説。著者の「桐島、部活辞めるってよ」でも有名な朝井リョウさん。

大学生にとって避けて通ることのできない「就活」を扱ったこちらの作品。「就活」を通して、登場人物それぞれの心の内、思考が浮き彫りとなってきます。

読み物としての面白さはもちろん、これからみなさんが体験する「就活」というものについて、今一度考えさせてくれる作品です。

Sponsored Links

⑤「船を編む」三浦しをん

舟を編む [ 三浦しをん ]

 

次のページへ >




Sponsored Links

-その他

Copyright© 武者ブログ , 2020 All Rights Reserved.