日本人のための歴史雑学

武者ブログ

近現代の話

西郷隆盛の功績は?幕末明治維新の活躍や西南戦争による影響を解説!

更新日:

※このページは 3 分で読めます。

西郷隆盛の功績って?結局何をした人?

幕末期~明治維新直後に最強の権力をにぎった男。

 

幕末の偉人として有名な西郷隆盛。

しかし、「西郷隆盛の功績は?実際に何をした人?」と聞かれるとちょっと答えにつまる…という方もひょっとしたら多いのではないでしょうか。

今回は西郷隆盛の功績についてわかりやすく紹介させていただきます。

Sponsored Links

西郷隆盛の功績:結局何をした人なのか?

西郷隆盛の功績

(西郷隆盛の功績とは?)

西郷隆盛の功績は、①幕末期と、②明治維新後の2つの時期に分けて考える必要があります。

まずは幕末期の西郷隆盛の功績からみていきましょう。

①幕末期の西郷隆盛の功績

幕末期の西郷隆盛の功績としては、以下の3つが重要です。

 

①幕末期の西郷隆盛の3つの功績

  • 薩長同盟の決断をしたこと
  • 鳥羽伏見の戦いで勝利したこと
  • 江戸城無血開城の決断をしたこと

 

以下、順番に解説させていただきます。


Sponsored Links

幕末期の功績1.薩長同盟の決断をしたこと

幕末期の西郷隆盛の最大の功績と言えば薩長同盟の決断をしたことです。

薩長同盟というのは、分かりやすくいうと江戸幕府を倒すために薩摩藩と長州藩の盟約のことですね。

この薩長同盟がどれぐらい重要かというと、これがなかったら明治維新はまず実現していなかったというぐらいのことです。

薩長同盟以前には薩摩藩と長州藩はライバルとしてきびしく対立していました。

幕府を除く藩の中では「最強のツートップ」だったこの2つの藩ですが、決定的なまでに仲が悪かったのです。

西郷隆盛の薩長同盟の決断が、討幕の流れを作り出した

一方で、この2藩が手を組めば、幕府を倒すことが可能になります。

薩摩藩の実質的なリーダーであった西郷隆盛は、幕府を倒すために私情を捨て、長州藩と手を結ぶことを決断したのです。

この薩長同盟によって長州藩に攻め込んでいた幕府は大きく計算を狂わされ、時代の流れは一気に討幕へと進んでいくことになります。


Sponsored Links

幕末期の功績2.鳥羽伏見の戦いで勝利したこと

長州藩+薩摩藩と、徳川幕府が実際に武力でぶつかった最初の戦いが鳥羽伏見の戦い(京都)です。

この戦いはまさに幕末期における「天下分け目の決戦」です。

軍勢の数でいうと、長州藩と薩摩藩の連合軍5000人VS幕府軍15000人ですから、圧倒的に幕府の方が優勢でした。

3倍の数の敵に勝利した西郷隆盛の功績

当時、薩摩藩のリーダーであった西郷隆盛は軍勢を率いてこの戦いを勝利に導きます。

初戦の勝敗は後の戦いに決定的な影響を与えたでしょうから、西郷隆盛の功績は非常に大きいといえます。

なお、この鳥羽伏見の戦いからスタートする約1年間の戦いのことを戊辰戦争と呼びます。


Sponsored Links

幕末期の功績3.江戸城無血開城の決断

次のページへ >




Sponsored Links

-近現代の話

Copyright© 武者ブログ , 2020 All Rights Reserved.