Sponsored Links

近現代の話

自由民権運動の流れ【日本史】政治結社~国会開設と憲法制定を解説!

自由民権運動って、いろんな事件がありすぎで頭がごちゃごちゃになるんだよね…。

全体を3つの段階に分けて理解するのがポイント。

 

自由民権運動とは、明治初期に起きた民衆の政治運動のことをいいます。

今回はこの自由民権運動の全体的な流れについて解説させていただきます。

自由民権運動の流れは、次の3つの段階に分けて理解するのがポイントです。

 

自由民権運動の3つの段階

  • ①民選議員設立建白書~西南戦争
  • ②西南戦争終結~最盛期
  • ③激化事件による衰退~国会開設

 

なお、自由民権運動に関連する主な事件を年表でまとめると以下のようになります。

 

主なできごと 流れ
1873 征韓論 第1段階
1874 愛国公党の結成
立志社の結成
民撰議員設立建白書の提出
佐賀の乱
1875 立憲政体樹立の詔
大阪会議
愛国社の結成
讒謗律制定
1876 神風連の乱
秋月の乱
萩の乱
1877 西南戦争
1880 国会期成同盟の成立  第2段階
集会条例制定
1881 国会開設の勅諭
明治十四年の政変
自由党(板垣退助)結成
立憲改進党(大隈重信)結成
立憲帝政党(福地桜痴)結成
1882 福島事件 第3段階
高田事件
1884 自由党解党
群馬事件
加波山事件
秩父事件
飯田事件
名古屋事件
1886 静岡事件
1887 大同団結運動
1889 大日本帝国憲法発布
愛国公党再結成
1890 第一回総選挙
愛国公党→立憲自由党に改称
 第一回帝国議会開催
1891 立憲自由党→自由党に改称

 

Sponsored Links

次のページへ >




Sponsored Links

-近現代の話

© 2020 武者ブログ