日本人のための歴史雑学

武者ブログ

その他

教育実習お礼状の書き方【例文あり】

更新日:

※このページは 3 分で読めます。

教育実習 お礼状

(教育実習のお礼状の書き方と例文を解説します)

この記事では、教育実習のお礼状の書き方について解説します。

※例文から見る方はこちらをクリックしてください

↓教育実習のお礼状を出す相手は、以下の3者が考えられます。

教育実習のお礼状を出す相手

  • ①校長先生
  • ②担任の先生(指導教諭)
  • ③生徒

以下では、それぞれの相手ごとに書き方と例文を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

①教育実習のお礼状の書き方:校長先生あて

教育実習 お礼状 書き方

(校長先生当ての教育実習お礼状の書き方を解説します)

↓教育実習のお礼状では、次のような内容を順番に書いてください。

校長先生あての教育実習お礼状

  • ①まず「頭語」と「時候の挨拶」を書きます
  • ②あなた自身の簡単な近況報告と、感謝の気持ちを書きます
  • ③教育実習の感想や、学ぶことができた点について具体的に書きます
  • ④今後の進路に向けての決意や意気込みを書きます
  • ⑤結びの「時候の挨拶」を書きます
  • ⑥「結語」を書きます
  • ⑦最後に日付やあなたの名前を書きます

校長先生あてのお礼状の例文はこちら

頭語というのは「拝啓」というような決まり文句、時候の挨拶は「季節感を表現する決まり文句」です。

まどろっこしい感じもしますが、フォーマルな手紙ではこれらは必ず書かないといけません。

(これらがないと「非常識」と思われてしまいます)

※手紙の「書き出し部分」の書き方や文例についてくわしくはこちらを参照

逆にいえば、これらは決まり文句ですから、自分で考えて書く必要はありません。

下の例文の内容をそのまま使ってもらってもOKです。

↓お礼状はパーツを埋めるように書いていけばまったく難しくはありませんので、下の例文を見ながら書いていってください。

Sponsored Links

校長先生への教育実習お礼状の例文

校長先生への教育実習お礼状の例文

次のページへ >




Sponsored Links

-その他

Copyright© 武者ブログ , 2020 All Rights Reserved.