日本人のための歴史雑学

武者ブログ

近現代の話

西郷隆盛の妻の名前は?愛加那・糸子・須賀…篤姫?ドラマにない生涯

更新日:

※このページは 3 分で読めます。

西郷隆盛の妻の名前は?

須賀・愛加那・糸子の3人。
その他にも篤姫とも恋愛関係にあったというウワサあり。

 

西郷隆盛は生涯で3人の妻をめとっています。

いずれも側室などではなく、正式に婚姻関係にあった正妻です(2人目の愛加那は「島妻」というかなり独特な婚姻関係になりますが)

 

須賀 (大河ドラマ=橋本愛
愛加那(大河ドラマ=二階堂ふみ
糸子 (大河ドラマ=黒木華

 

他にも篤姫(天璋院)が幼少期に西郷隆盛に恋心を抱いていた…という描写もありますね。

今回は、西郷隆盛の3人の妻の生涯、そして篤姫との関係にについて、大河ドラマでは触れられない部分も含めて紹介したいと思います。

Sponsored Links

西郷隆盛の妻は3人!須賀・愛加那・糸子

西郷隆盛,妻

(西郷隆盛と3人の妻の結婚生活とは?)

西郷隆盛が結婚した3人の女性は、須賀(すが)愛加那(あいかな)糸子(いと)という名前です。

それぞれの結婚生活はどのようなものだったのか?と、どうして破局してしまったのか?について見ていきましょう。

①西郷隆盛の最初の妻:須賀(すが)

西郷隆盛の最初の妻は須賀という名前の女性です。

婚姻期間は1852年~1854年の2年間です。

結婚したとき西郷隆盛は24歳、須賀は20歳ということになりますね。

大河ドラマでは橋本愛さんが演じている最初の妻である須賀は、名門豪族生まれの薩摩セレブでした。


Sponsored Links

須賀との結婚生活と破局

名門である伊集院家出身の須賀からみて、西郷隆盛は下級の武士の家ということになります。

この時期の西郷隆盛は武士ではありますが、非常に低い階級です。

当然収入は少なく、兄弟の多かった西郷隆盛家は非常に貧窮してしまいます。

さらに悪いことに、須賀との結婚の直後に西郷隆盛の父親、母親が連続して亡くなるという不幸も起きてしまいます。

ペリーが2人の仲を裂いた?

しかも、この直後にはペリーの浦賀来航がありました(1853年ですから、ちょうど二人の婚姻期間と重なりますね)

この事件によって危機感を持った藩主の島津斉彬に、西郷隆盛は側近に抜擢されます。

島津斉彬は江戸を舞台に活動を始めますから、側近である西郷隆盛も江戸での活動期に入ります(主に諜報活動)

取り残された形の須賀は、結婚の実態がない状態だと家同士で話し合われ、2年という短い期間で最初の結婚生活は終わってしまうのです。


Sponsored Links

②西郷隆盛の2番目の妻:愛加那(愛加那)

次のページへ >




Sponsored Links

-近現代の話

Copyright© 武者ブログ , 2020 All Rights Reserved.