日本人のための歴史雑学

武者ブログ

近現代の話

国体護持とは簡単にわかりやすく言うと天皇制中心主義?政治思想用語

更新日:

※このページは 4 分で読めます。

「国体護持」って簡単にいうとどういう意味?右翼的な何か?

簡単に言うと国体=「天皇がいる社会」ってこと。
太平洋戦争で負けたときはかなり危なかった。

 

あなたは「国体護持」という言葉を聞いてどんなことを思いうかべますか?

「太平洋戦争中のスローガンとして使われていた軍国主義みたいな言葉かな…」というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

実は、国体護持というのは日本という国の社会のあり方そのものを表す言葉でもあるのです。

今回は「国体護持」という言葉の意味について、できる限り簡単にわかりやすく説明させていただきます。

Sponsored Links

国体護持とはわかりやすく言うと何?

国体護持とは

(国体護持=天皇がいる社会を守ること)

「国体を護持する」という言い方をした場合、「今までの国のあり方を変えずに守る」という意味になります。

日本の場合、「従来の日本の国のあり方」というのはわかりやすくいうと「天皇制」ですね。

日本には歴史が始まって以来ずーっと天皇がいますから、天皇制という国のあり方が「国体」そのものといえるわけです。

よその国について考えてみるとよりイメージがしやすいかもしれません。

例えば、アメリカであれば「国体」といえばそれは「選挙で大統領を選ぶ共和制」という意味になるでしょう。

中国であれば「国体」といえば「共産党のトップが政治を全面的にコントロールする仕組み」ということになるかもしれません。


Sponsored Links

国体護持はいつ問題となった?

国体護持という言葉がさかんに使われるようになったのは太平洋戦争での敗戦前後です。

この時期にはアメリカ(連合国)から「無条件降伏をしろ。そして今後は国のあり方をがらっと変えろ」という要求がされていたのです。

上でも説明させていただいた通り、「国のあり方」というのは日本の場合は「天皇制」です。

なので、「国のあり方を変えろ」というのは簡単に言うと「天皇を処刑するなり追放するなりして、アメリカのような共和制の国に変えろ」という意味になります。

実際、当時のアメリカにはこういう主張をする人がとても多かったのです。

日本人にとって「天皇のいない社会」は考えにくい?

今も昔も日本人にとって「天皇がいない社会」というのはどうもしっくりとこないのではないでしょうか。

現在の日本国憲法では何よりもまず(つまり1条から)天皇についてのルールを決めていますし、皇室に所属する人が亡くなったり、結婚したりすると全国的なニュースになりますよね。

天皇陛下が災害の被災地に行って被災者を励ましている姿を見るとなんとなく「ほっ」とするという人がほとんどだと思います。

内閣総理大臣が被災地に行ってもなんとなく「早く何とかしろよ」という気持ちですが、天皇陛下が行くと「ありがたい」と心から感じるのは、なんだか不思議ですが日本人共通の気持ちですよね。

昔の人は今よりももっと天皇というものを尊敬していましたから、アメリカのこのような主張は絶対に受け入れられない!ということで「国体を護持せよ」(天皇を中心とした社会の形を守れ)ということが盛んにいわれたわけです。

天皇中心主義の考え方はいつできた?

では、そもそもこういう「天皇が日本人全体の中心である」という日本の国のあり方はいつからでてきたのでしょうか。

おとなりの中国では何度も王朝が滅びて入れ替わっていますが、日本では天皇制が大和朝廷からずっと続いています。

その時々で天皇がどのぐらいの権力を持ったか?については大きな差がありましたが、いつの時代も天皇というものの存在は認めてきたのが日本の歴史です。

王朝が入れ替わるということは、例えば今の天皇陛下をやっつけて、別の人が天皇になる!と言い出すような状況をいいます。


Sponsored Links

「天皇をなくしてしまおう」という主張

日本では「実際に権力を持っている人」はどんどん入れ替わりましたが、「天皇をなくしてしまおう」ということだけは有史以来ずっといわれずにきました。

(そういうことを言う人はいましたが、結局支持されませんでした)

現在でもそうです。

今の憲法では天皇は「象徴天皇制」といわれますが、そのこと自体、「日本という国は天皇を中心にしてまとまる社会である」と述べているものと解釈することもできるのです。

(「象徴=シンボル」である、ということは、少なくとも「これを我々全員がその存在を認めるものとする」ということでもあります)

つまり、日本の国体はずーっと変わらずに(少なくとも1500年以上は)続いてきているということになるのです。

国体護持とは「日本人にとって自然な社会」を守る事

次のページへ >




Sponsored Links

-近現代の話

Copyright© 武者ブログ , 2020 All Rights Reserved.