日本人のための歴史雑学

武者ブログ

近現代の話

明治天皇の側室は何人?寵愛されたのは柳原愛子?園祥子?

更新日:

※このページは 4 分で読めます。

明治天皇には側室がいたの?

5人の側室がいました。
次の代の大正天皇は側室の一人(柳原愛子)の子です。

明治天皇には皇后のほかに、明らかになっている女性で5人の側室がいました。

この記事では、意外に知られていない天皇家の側室制度について解説させていただきます。

Sponsored Links

明治天皇の側室は5人?寵愛された女性の一覧

明治天皇の側室

(明治天皇の側室は何人?)

明治天皇の皇后は一条美子(いちじょうはるこ)という女性でした。

しかし、明治天皇と皇后の間には子供が生まれることはありませんでした。

皇后に懐妊の兆候がないことを知った宮中では、着々と側室をむかえる準備がなされていきます。

皇后・一条美子(いちじょうはるこ)

明治天皇の皇后,一条美子

(明治天皇の皇后:一条美子)

一条美子が皇后として立てられたのは明治元年のことです。

皇后・一条春子は1849年嘉永2年に左大臣・一条忠香の三女として生まれます。

その後1867年慶応3年に明治天皇の元で女御という官職に就きます。

この女御という官職は非常に高い身分を持つ女官で、明治天皇の寝所でも仕えていました。

そして1869年明治元年に皇后になります。

皇后に立てられたとき、美子は若干20歳でした。

ところが、皇后には一向に懐妊の兆候が見られません。

もともと病弱ということもあり、その人生の最後まで実子をもうけることはありませんでした。


Sponsored Links

明治天皇の側室①:葉室光子(はむろみつこ)

明治天皇は、一度に2名の側室を迎えます(葉室光子と橋本夏子)

側室が皇室に迎え入れられたのは、一条美子が皇后となったわずか3年後の1872年のことです。

当時の皇室が後継者が生まれることを重要視していたことが伝わってきますね。

公家の出身の光子が側室となったのは19歳でした。

翌年1873年の9月には第一皇子として男児を出産しますが、その子は間もなく死亡します。

また光子自身も産後の不良により出産から4日後、そのまま息を引き取り、わずか20年の人生に幕を引いたのです。

明治天皇の側室②:橋本夏子(はしもとなつこ)

橋本夏子が側室として迎え入れられたのも、葉室光子と同じ1872年のことでした。

夏子は公家の出身で、側室になったのは16歳のときでした。

順調に妊娠しましたが、1873年11月に女児を死産。

その翌日、夏子本人も帰らぬ人となりました。


Sponsored Links

明治天皇の側室③:柳原愛子(やなぎはらなるこ)

明治天皇の側室,柳原愛子

(明治天皇の側室:柳原愛子)

柳原愛子が側室になったのは葉室光子と橋本夏子が相次いで急逝した、1873年でした。

こののち柳原愛子は順調に2男1女を出産します。

しかし、この3人の中で成人できたのは柳原愛子にとって二人目の息子の嘉仁親王だけでした。

この嘉仁親王はのちに大正天皇になっています。

また柳原愛子には、白蓮事件で有名になった柳原白蓮がいます。

白蓮がかわいらしい印象を与える女性であったように、愛子の写真を見ると、幼さが残る可愛い印象を与える女性です。

彼女は息子を大正天皇にするという特権にあずかりましたが、それでも皇后の位につくことはなく、その長い生涯を側室として終えています。

彼女の人徳は宮中でも広く知れ渡っており、皇后にも他の側室や女官たちにも愛されたようです。

それは嫁との関係にまで影響を及ぼし、愛子の息子・大正天皇の嫁である貞明皇后にも、まるで実母であるかのようにしたわれました。

柳原愛子が病気で伏せていたときには、皇后がお見舞いに来て、その手をとって感謝をのべたという逸話が残されています。

次のページへ >




Sponsored Links

-近現代の話

Copyright© 武者ブログ , 2020 All Rights Reserved.