日本人のための歴史雑学

武者ブログ

近現代の話

華族令嬢の生活とは?大正・昭和のスキャンダルや殺人事件エピソード

更新日:

※このページは 3 分で読めます。

華族の令嬢ってどんな生活をしていたの?

華やかなイメージがあるけれど、悩みも多かった。

 

華やかな一時代を生きた華族の令嬢たち。

美しく華やかでありながら、時に奔放に自由を求めた彼女たちのありのままの素顔を知る人は少ないかもしれません。

この記事では、彼女たちの美しくもはかない、ひたすらに自由を求めた人生についてご紹介します。

Sponsored Links

華族令嬢=公家や大名家のお姫様たち

華族令嬢

(華族令嬢の生活とは?)

華族の令嬢たちは、元々は公家や大名家のお姫様たちでした。

しかし、明治維新後、その制度が変わったと言えども彼女たちの置かれた状況が大きく変わったとは言い難いものだったでしょう。

ですから裕福ではありながらも、その生活は決して平穏なものではなかったはずです。

華族にとっては体面がすべてであり、それを保つための長男長女への拘束は現代の私たちの想像を遥かに超えたものでした。

政略結婚の道具にされる華族の令嬢たち

さらに、家柄に関しても、本来、華族制度は男性のみの世襲制となっていました。

女性に世襲する権利はなかったため、政略結婚などに使われる令嬢たちが大勢いたことは容易に想像できます。

また明治や大正時代の女性達の権利意識は希薄だったため、家庭以外でも自由を謳歌できる状況にはなかったのです。


Sponsored Links

華族令嬢の生活

とはいえ、明治18年(1885年)には皇族や華族のための令嬢たちが学ぶ学校が創設されたりと、女性としての権利と尊厳は着々と築かれていきます。

この皇族と華族のために創設された女学校はのちに学習院女学部となります。

この当時学習院女学部にいたアメリカ人女性講師は、皇族から来た旧華族よりも大名家や士族から華族となった新華族の令嬢たちの礼儀正しさと、学業への意欲について賞賛の言葉を残しています。

試験を受け、それを乗り越えて入学を許される新華族の令嬢達と比べ、旧華族の令嬢たちは無試験で入学することができました。

武家社会で育ったあんみつ姫たち

武家社会の中で育てられた新華族の令嬢たちは、まさにあんみつ姫のような冒険心や意欲を兼ね備えていたのです。

しかし、厳しい教育はまさに江戸時代から連綿と続く、武家社会の名残だったといえるでしょう。

食事の食べ方の細かさ、感情を出してはいけないこと、口をあけて笑うことさえ彼女たちは禁じられました。

学習院女学部での教育も含め茶道や華道、和楽器など、令嬢たちは様々なことを学んだようですが、すべてはただの教養のためのものであって、それを極めることは許されていませんでした。

最終的に彼女たちに残された将来の道は、親の決めた相手のところへ嫁ぐこと以外にはなかったのです。


Sponsored Links

華族令嬢たちの人生の選択肢

しかし、この厳しい教育や、男尊女卑、家系の体面を保つだけの風潮が彼女たちの心に火をつけます。

学習院女学部を卒業した令嬢たちはすぐに結婚させられ、良妻賢母であることを強いられます。

自分の教養を身につけるためだけでなく、本気で学びたいと思っても親にやめさせられてしまう。

これに耐えられなかった令嬢たちも多くいたようです。

自由を求めた華族令嬢もいた

学習院女学部を中退して平民と結婚した令嬢や、難民の救済に人生をかけた令嬢、渡米して、アメリカ社交界で大いに活躍した令嬢。

自由恋愛を謳歌し、出奔した令嬢など一人ひとりが実に様々な人生を送っています。

親はただの教養として身につけさせるつもりだった教育が、彼女たちの閉じ込められた生活を刺激し、心をはぐくみ、多くの選択を与えたのは言うまでもないことでしょう。

次のページへ >




Sponsored Links

-近現代の話

Copyright© 武者ブログ , 2020 All Rights Reserved.