日本人のための歴史雑学

武者ブログ

その他

大学生の節約術!実家暮らし・一人暮らしでも貯金できる方法を解説!

更新日:

※このページは 4 分で読めます。

Sponsored Links

大学生の節約術:実家暮らしの人向け

大学生 節約

実家から通学できる範囲の大学に通っていれば、実家暮らしをするだけである程度の節約ができます。

ですが、結局は甘えてしまったり何もしていなければ自分で自由に使えるお金はなくなる一方です。

そこで、ここからは実家暮らしの人向けの節約術を紹介していきます。

ちょっとしたことからスタートして節約術を身につけてくださいね。

Sponsored Links

外食は控えるのがベスト

実家暮らしの特権とも言えるのが、親が食事を用意してくれる環境です。

食事を用意してくれている限りは、甘えて外食を控えるようにするとかなり節約できるでしょう。

また、親が食事を用意してくれなくても一人暮らしよりは自炊しやすい環境が整っていると思います。

自炊も心がけて、外食やコンビニ飯を遠ざけましょう。

Sponsored Links

メルカリなどで不用品を売る

大学生 節約

長く暮らした自分の部屋にある不用品を、思い切って売ってみるのも手ですね。

少なからず、要らなくなったものもあるはずです。

メルカリなどのフリマアプリであれば、中古品でもそれなりの値段で売ることができますよ。

一度、部屋を整理整頓しているものといらないものをわけるのも節約の第一歩です。

交通費を浮かせる!

大学への通学手段を自転車などに変えて、交通費を浮かせる工夫をしてみると節約になります。

毎日の交通費は月計算してみると、相当な金額になることも多いですよね。

自宅から1駅や2駅くらいは自転車移動でも問題ないはずです。

ちょっとした移動なら自転車で乗り切りましょう!

また、バイトをする場合は交通費が支給されるバイトを選ぶようにすると、余計な出費を抑えることができますので、しっかり確認するといいですね。

Sponsored Links

必要なものは100円ショップで済むことが多い

実家暮らしということは、改めて何かを買い揃えるということは少ないと思います。

ちょっとしたものなら、100円ショップで揃うはずなので、積極的に利用しましょう!

例えばコンビニで靴下を買うと200円~500円ほどですが、100円ショップなら、税込でも108円とかなり差が出ます。

最近では便利グッズやサプリメントなども良質なものが出ているので、100円ショップを有効活用するようにしましょう。

ですが、飲み物やお菓子などはスーパーなどと比べると割高なものもあり、つい余計なものも買ってしまいがちです。

行く前には必ず、買い物リストを作り、必要なものだけを買うように心がけましょう!

Sponsored Links

大学生におすすめ!賢い貯金方法

大学生 節約

節約しても、どんどんお金を使ってしまっては元も子もありません。

大学生のうちに貯金ができていれば、自動車免許の取得代や奨学金を借りている場合はグッと返済期間を短くすることだって可能です。

大学生には誘惑がたくさんあり、お金を使う場面も多いかと思いますが、目標額を決めるなどして貯金をしてみましょう。

ここでは無理なく貯めていけるようなお金の流れを紹介します。

もう一度自分のお金の使い方を見直してみてくださいね。

Sponsored Links

バイトで支出と収入のバランスをとる

普段の生活で、一番お金がかかっているものは何かを考えましょう。

食費ですか?それとも飲み代?洋服やコスメにお金がかかる女子もいますよね。

そんな一番お金がかかっている部分をバイトで補うという手段もあります。

食費がばかにならないのであれば、まかないのでる飲食店でバイトをする。

飲みの席が好きなら、居酒屋。コスメが必要なら試供品がもらえるかもしれないドラッグストアで働くなど、考え方は様々です。

バイト先の情報を友達や先輩からも仕入れて、バランスが取れる働き先を見つけましょう!

Sponsored Links

貯金専用の口座を作る

貯金専用の口座を作ることは、貯金をするうえでとても大切です。

支出も収入も全て同じ口座にしては、動きがなかなかわからないので、貯金できているかどうかも把握できません。

バイト代が入ったら必ず〇〇円は貯金すると決めて、貯金専用の口座に入れるようにしてみましょう。

そしてその貯金口座は目標金額に到達するまで、絶対におろさないと決めるのです。

そうすれば、どれだけ貯金できているかも把握できますし、目標を立てればそこに向かって頑張ろうと思えて来るはず。

あまり毎月の貯金額を高く設定してしまうと苦しくなってしまい、貯金口座に手を付けてしまいがちです。

具体的な数字ではなく収入に対する割合にすると、その月によって収入が変わる場合も対応しやすいのでおすすめです。

例えば「貯金額はバイトでの収入の2割にする」などと決めてしっかり守るようにしましょう!

次のページへ >




Sponsored Links

-その他

Copyright© 武者ブログ , 2020 All Rights Reserved.