Sponsored Links

その他

社会主義と共産主義の違い(共産党の説では「同じ」)

社会主義 共産主義 違い

(社会主義と共産主義の違いについて簡単にわかりやすく解説します)

この記事では、社会主義と共産主義の違いについて、簡単にわかりやすく解説します。

この2つの言葉はよく似ていますね。実際、同じ意味で使われることもあるぐらいです。

↓日本共産党などは「社会主義と共産主義を同じ意味で使う」と2004年に機関紙で明言しています。

日本共産党も今後は、「社会主義」「共産主義」の二つの用語を同じ意味で使うことにし、未来社会をきちんと表現するときには「社会主義・共産主義社会」と表現することにしています。


日本共産党ホームページ:社会主義と共産主義の違いは?

しかし、一般的には社会主義と共産主義とは違う意味の言葉として使うケースが多いでしょう。

具体的にどこが違うのか?について解説していきますので、参考にしてみてください。

[ad#co-1]

社会主義と共産主義の違い

社会主義 共産主義 違い

(社会主義や共産主義を提唱したマルクス・エンゲルス・レーニン)

社会主義とは「共産主義の途中段階」の社会をいいます。

最終的には共産主義の社会の実現を目指すのだけれど、いきなりそこまでいくのは難しいから、とりあえずは社会主義を目指しましょう。というわけです。

(マルクスは、現状である資本主義は、社会主義を経て最終的に共産主義へと向かうと考えました)

社会主義は共産主義の途中経過ですから、社会主義と共産主義を比較すると以下の3つの点で違いがあります。

  • ①消費の自由を認めるかどうか
  • ②政府の有無
  • ③理想とする社会の実現方法

それぞれの違いについて、順番に見ていきましょう。

[ad#co-1]

①消費の自由を認めるかどうか

消費とは、稼いだお金をそれぞれの人が自由に使うことをいいます。

  • 社会主義は「分配された富をどう使うかは個人の自由」と考えますから、消費の自由が認められます。
  • 一方で、共産主義では消費まで平等になるように管理されます。

具体的には、配給制のような社会をイメージになるでしょう。

社会主義では与えられた給金で好きな車を買っても許されますが、共産主義では今朝食べるパンまで「平等」にならないといけないのです。

ただ、配給制というとものすごく貧しいイメージがありますが、マルクスが本来唱えた共産主義は「資本主義が発達しきったあとに来る社会」です。

そのため、現在の日本やアメリカのように高度に発達した商品やサービスがある社会でこそ、共産主義は実現することを想定していることを知っておきましょう。

(現代の社会で、AIが完璧に生産量や消費量を管理しているようなイメージでしょうか)

②政府の有無

  • 社会主義は「政府が国の財産を管理分配」しますので、必然的に政府が必要です。
  • 一方で、共産主義は「真の平等化では争いは起こらないため政府は必要ない」という状況を目指しています。

むしろ、政府があると「政府と国民の間の不平等」が生まれるので、政府は邪魔ということになります。

ですが、実際の社会では政府がないと色々と不都合があって立ち行かなくなってしまうでしょう。

そのため、共産主義は理想であって、社会主義は共産主義の実現に向かう途中だと呼ばれるのです。

③理想とする社会の実現方法

社会主義は政府があるので議会制民主主義、つまり選挙で議員を選んで国政をしてもらう仕組みがあります。

そこから少しずつ改革を重ね共産主義へ近づいていこうという姿勢です。

一方、共産主義は革命によって労働者階級が資本家や政府を打ち倒すところから国家をつくることを提唱しています。

[ad#co-1]

そもそも社会主義とは?

社会主義 共産主義 違い

(マルクスと彼を支援したエンゲルスの像。そもそも社会主義とはなんなのか?について整理しておきましょう)

上では社会主義と共産主義の違いについて解説しましたが、以下では「そもそも社会主義とはなんなのか?」について整理しておきましょう。

社会主義とは、おおまかにいえば「格差のある社会をやめて、すべての国民に平等に財産を分配しよう」という考え方のことです。

この社会主義は「どこからどこまで」と区切れるものではないことに注意が必要です。

「これまでは資本主義だったけど、明日からは社会主義で」ということではなく、資本主義の社会であっても、一部の政策では社会主義の考え方を取り入れることもあるという意味です。

現代の日本は資本主義の社会ですが、一部では社会主義的な政策が実施されている部分もあります。

Sponsored Links

次のページへ >




Sponsored Links

-その他

© 2020 武者ブログ