Sponsored Links

近現代の話

大正デモクラシーをわかりやすく!普通選挙運動や護憲運動と関係は?

大正デモクラシーってわかりやすくいうとどういうこと?

もっと民主主義な世の中にしようぜっていう、大正時代の雰囲気のこと。
この時期「国会前デモ」が成功して政権が倒れたりしてる。

 

太平洋戦争前の日本には自由のない暗いイメージがある…という方もひょっとしたら多いかもしれません。

しかし、大正時代から昭和の初期にかけて「大正デモクラシー」と呼ばれる、かなり自由で明るさのある時代があったことをご存知でしょうか。

今回は、大正デモクラシーとはどういう時代だったのかについて具体的に見ていきましょう。

[ad#co-1]

大正デモクラシーとはわかりやすくいうと何?

大正デモクラシーをわかりやすくいうと?

(大正時代に建てられた大阪の中央公会堂)

デモクラシーというのは民主主義のことで、簡単にいうと「国民の声を政治に反映するようにしろ」という主張のことです。

日本では大正時代にこの民主主義の考え方がとても強くなったため、その当時の状況や雰囲気のことをさして「大正デモクラシー」ということがあります。

実際、この時期には国会議事堂前で国民がデモを起こし、時の政権を倒すというできごとなども起こります。

大正デモクラシーはなぜ起こった?

理由の第一としては、この時期には知識層の活動が活発になったことがあります。

また、特に第一次世界大戦後の不景気による生活苦が、国民を生活改善の運動に駆り立てる動機となったこともあげられるでしょう。

日本は第一次大戦は景気が良かったのですが、戦争が終わった後には不況に襲われ、しかも関東大震災という大災害も生じて大変な不況にみまわれていたのです。

こうした国民の不満が当時の政治と政治家に対して向けられた結果、「もっと国民のためを考えて政治をしろ」という主張になり、大正デモクラシーの大きなうねりとなっていったのでした。

大正デモクラシーの理論的支柱:民本主義とは?

そもそも大正デモクラシーは、吉野作造という政治家がとなえた「民本主義(民主主義ではありません)」という考え方を根拠にしています。

民本主義とは、簡単に言うと「主権は天皇にあるのだけれど、政治は国民のためにあるべきだ」という考え方のことです。

より具体的には「天皇主権は維持するが、実際の政治は選挙で選ばれた国民の代表が国会でやるべきだ」という考え方を言います。

当時の国会は民主主義ではなかったの?

当時、すでに国会(帝国議会)は開設されています。

しかし、議院内閣制(国会議員の中から総理大臣を選ぶシステム)は採用されていませんから、内閣総理大臣は必ずしも選挙で選ばれた人の中から指名されるとは限られなかったのです。

実際、軍人や天皇の側近が内閣総理大臣になるケースの方が多く、この点で国民は強い不満を持っていました。

とはいっても、天皇が国家の中心であることについては大多数の国民が同意していましたから、民本主義(「天皇主権×国民代表による政治」)という考え方が主流になったというわけです。

民本主義の考え方に基づき、大正時代には普通選挙運動、政党内閣に基づく護憲政治、さらには女性解放運動や労働者、小作階級の待遇改善の運動などの大きなうねりとなり社会全体を動かしていきます。

[ad#co-2]

大正デモクラシーと護憲運動

大正デモクラシーと関連して出てくる「護憲運動」って何?

薩長閥出身とか、軍隊出身とかではなく、選挙で選ばれた国民に政治をさせろっていう運動のこと。

 

大正デモクラシーの時代を象徴する政治的なできごとが「護憲運動(ごけんうんどう)」です。

護憲運動というのは、簡単に言うと「憲法の精神にのっとった政治をしろ」という主張のことです。

さらに具体的に言うと「出身県とか、軍隊出身だとかいったことではなく、国民から選ばれた人間が政治をできるようにしろ」ということですね。

Sponsored Links

次のページへ >




Sponsored Links

-近現代の話

© 2020 武者ブログ