日本人のための歴史雑学

武者ブログ

近現代の話

孝明天皇暗殺説の真相は?暗殺者は伊藤博文?それとも岩倉具視?

更新日:

※このページは 4 分で読めます。

明治天皇のお父さんの孝明天皇って、暗殺されたの?

孝明天皇が亡くなった当時の状況が明治新政府にとってあまりにも都合がよいので、昔から暗殺されたんじゃないか?って疑われている。

 

天皇は、今日でも日本国の象徴として特別な地位を占める存在ですね。

しかし歴史上は、権力闘争の中で非業の死を遂げた天皇も少なくありません。

ここでは暗殺が疑われる幕末の天皇、孝明天皇を取り上げます。

果たして孝明天皇は本当に暗殺されたのでしょうか?

そしてもし暗殺されたのなら、犯人は誰だったのでしょう?

Sponsored Links

孝明天皇が暗殺されたといわれる理由は?

孝明天皇暗殺説

(孝明天皇は暗殺された?画像は京都御所)

孝明天皇暗殺説の根拠は、「孝明天皇が亡くなったタイミングが、当時の明治維新派にとってものすごく都合のよいタイミングだった」ことにあります。

誰かがなくなった時に、そのことによってものすごく得をした人がいたら、「ひょっとしてその人が殺したんでは?」という疑いを持たれるケースがありますよね。

当時は明治維新を目指す薩摩藩や長州藩といったグループと、幕府を存続させようとする徳川家を中心としたグループが天皇をめぐって対立している状況でした。

孝明天皇は攘夷のため、幕府に協力していた

孝明天皇は、後でも見るように「外国が大っ嫌い」という性格の人でした。

そのため、「外国をやっつけるためには、幕府を応援してあげないと」という考え方を持っていたのです。

明治維新派(薩摩藩や長州藩)は幕府をやっつけて自分たちが政治の中心に座ろうと考えていますから、彼らにとっては孝明天皇の考え方はとても困ることになります。

孝明天皇は朝廷と幕府の結びつきを強め、幕府の権威向上を目指す公武合体政策にも協力しています。

このように孝明天皇は攘夷を求めつつ、そのために幕府との関係強化を望んでいました。


Sponsored Links

孝明天皇は、大の外国嫌いだった

孝明天皇は大の外国人嫌いで、外国との交流に強く反対した人物として有名です。

孝明天皇の在位した1846年から1867年は、欧米列強がアジアに進出し、日本が開国を迫られた時期と重なります。

このような情勢下で孝明天皇は開国に反対しており、1858年に老中(幕府の中心人物)堀田正睦がアメリカとの通商許可を求めても、強硬に反対して勅許を与えなかったほどです。

また孝明天皇は外国との交流に反対するだけでなく、外国人を排撃する攘夷運動も支持していました。

そのため孝明天皇は、幕府に対して繰り返し攘夷決行を要求していきます。

孝明天皇を暗殺すれば、討幕派が得をする?

明治維新派(薩摩藩や長州藩)にとって絶好のタイミングで、孝明天皇は世を去ることとなります。

1867年1月、孝明天皇は35歳の若さで崩御しました。

この直前のタイミングで薩長同盟が結ばれていますが、まだ秘密同盟の段階で幕府側が勢いを持っています。

その勢いの一つの要因として、孝明天皇が幕府を支持していたことがあったのです。

しかし、孝明天皇がなくなった後の明治天皇を薩長派は掌握し、「討幕の密勅」という形で自分たちが大義名分を持つことを主張します。

すると孝明天皇の死を境に討幕派の動きは加速し、1868年には戊辰戦争をへて新政府が成立、討幕が実現することとなります。

このように孝明天皇の死後急速に討幕が実現したことが、孝明天皇が暗殺を疑われる理由となっています。


Sponsored Links

孝明天皇を批判する討幕派

このような孝明天皇の政治姿勢が、討幕を唱える薩摩藩と長州藩の反発を招くこととなります。

薩長両藩は薩英戦争や下関戦争の敗北をへて、幕府を武力で倒し新政権を築くことを目指すようになっていました。

この討幕を目指す薩長両藩にとって、幕府を重視する孝明天皇は目の上のたんこぶだったのです。

大久保利通も孝明天皇には否定的な立場

次のページへ >




Sponsored Links

-近現代の話

Copyright© 武者ブログ , 2020 All Rights Reserved.