Sponsored Links

近現代の話

華族と貴族の違いは?現在は廃止?公家や貴族院議員との関係も解説!

華族と貴族ってどう違うの?

貴族は昔からいるお殿様やお公家さん。
彼らは明治以降は「華族」という身分になります。

 

日本は古い歴史のある国ですから、貴族や家族、公家といった「特権階級」の人たちが昔から存在し、現在も影響力を持っている人は少なくありません。

貴族と華族ってどう違うの?現在も何か特別扱いのようなことはあるの?という疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

今回は、華族と貴族の違い、公家や貴族議員議院といったことにについて解説させていただきます。

[ad#co-1]

華族と貴族の違い

華族と貴族の違い

(家族と貴族の違いは?)

ごく簡単に言うと、昔から貴族といわれてきた人たちが、明治維新によって「華族」というグループに振り分けられたということになります。

昔のお殿様やお公家さんが、明治維新以降は「華族」と呼ばれるようになったということですね。

華族という制度が生まれた背景について具体的に見ていきましょう。

明治維新で階級がなくなったわけではない

華族は明治維新~太平洋戦争敗戦直後まで存在していた身分制度です(きちんと法律として決まっていた制度です)

「明治維新によってそれまでの武士や公家といった身分はなくなった」というイメージをお持ちの方もひょっとしたらおられるかもしれませんが、実は身分制度はその後も続いていたんです。

(江戸時代の士農工商から、明治時代の四民平等へ、といったように学校で習ったという方も多いのではないでしょうか)

華族は明治維新後、江戸時代の大名や公家だった人たちを中心に「新しい身分」として誕生しました。

[ad#co-2]

「貴族」は昔からずっと存在してきた人たちのこと

一方で「貴族」という人たちはずっと昔から存在してきました。

貴族は狭い意味では、日本では公家を意味することが多いですが、「特権階級」のことを広く意味することもありますね。

(「独身貴族」というように、なんとなくリッチな人たちのことを日本人はなんとなく「貴族」と呼ぶことが多いです)

明治維新で「華族制度」が必要になった理由

明治維新では建前上「すべての人が平等」というかたちになりましたから、何らかの形でこういう「特別な人たちを特別扱いするためのルール」が制度上必要になりました。

そのための制度が華族制度というわけですね。

それまでに特権階級として存在してきた貴族(大名や公家など)が華族に列されることになりますが、世の中に功績のあった政治家などが華族になるケースもたくさんあります。

華族は日本の中で制度して整備されていった近代日本の新しい上流階級ということができますね。

そして太平洋戦争で日本が敗れ、華族制度はなくなりました。

[ad#co-3]

大名や公家、功績者が華族に任命されることに

1869年に版籍奉還で大名の領地、領民が天皇に返還されるのと同時に。行政官布達として大名や公家は「華族」として新しい身分となり、公卿・諸侯といった従来の呼び名も廃止されます。

華族の中には明治維新に貢献のあった人物も含まれます。

江戸時代に領主として徴税権を持つなどの独自性をもっていた大名を、華族という身分とすることで、天皇を頂点とする近代日本の中央集権的な国家構造の中に組み込みました。

まだ、立ち上がったばかりの明治政府の権力を強化することと、多くの藩が財政的に困窮していたこともあり、名誉としての「華族」は受け入れられ「版籍奉還」をスムーズに進められるというメリットもあったのです。

公家の人たちは明治時代にどうなったの?

公家とは、朝廷につかえている上級役人の家、つまり今まで一般に貴族と呼ばれていた人たちであり、公家も大名と同じく、明治維新以降に華族となりました。

Sponsored Links

次のページへ >




Sponsored Links

-近現代の話

© 2020 武者ブログ