「近現代の話」の記事一覧(2 / 2ページ目)

大隈重信と福沢諭吉はライバル?大学設立や紙幣肖像への採用について

近現代の話
大隈重信と福沢諭吉

大隈重信、福沢諭吉の2人はいずれも明治時代を代表する人物です。 彼らの創設した2つの大学(早稲田と慶応)は「早慶」と呼ばれて、何かと比較されることも多いですよね では、創立者である大隈重信と福沢諭吉の関係はどんな感じだったのでしょうか? 実は2人は出身地も近く、直接面識があって意識し合う間柄だったんです。 今回は大隈重信と福沢諭吉の関係について考察します。

榎本武揚と土方歳三の関係は?なぜ函館戦争まで一緒に戦ったのか?

近現代の話
榎本武揚と土方歳三の関係

新撰組の「鬼の副長」として有名な土方歳三は、京都での戦いに敗れた後、北海道にうつって戦いを続けます(函館戦争と呼びます) 彼はあくまでも「ナンバー2」の立ち場にこだわった人で、ここでは榎本武揚という人物を補佐する形で戦いを続けます。 今回はこの榎本武揚と土方歳三の関係がわかるエピソードを紹介させていただきます。

孝明天皇暗殺説の真相は?暗殺者は伊藤博文?それとも岩倉具視?

近現代の話
孝明天皇暗殺説

天皇は、今日でも日本国の象徴として特別な地位を占める存在ですね。 しかし歴史上は、権力闘争の中で非業の死を遂げた天皇も少なくありません。 ここでは暗殺が疑われる幕末の天皇、孝明天皇を取り上げます。 果たして孝明天皇は本当に暗殺されたのでしょうか?  そしてもし暗殺されたのなら、犯人は誰だったのでしょう?

大正デモクラシーをわかりやすく!普通選挙運動や護憲運動と関係は?

近現代の話
大正デモクラシーをわかりやすくいうと?

太平洋戦争前の日本には自由のない暗いイメージがある…という方もひょっとしたら多いかもしれません。 しかし、大正時代から昭和の初期にかけて「大正デモクラシー」と呼ばれる、かなり自由で明るさのある時代があったことをご存知でしょうか。 今回は、大正デモクラシーとはどういう時代だったのかについて具体的に見ていきましょう。

国体護持とは簡単にわかりやすく言うと天皇制中心主義?政治思想用語

近現代の話
国体護持とは

あなたは「国体護持」という言葉を聞いてどんなことを思いうかべますか? 「太平洋戦争中のスローガンとして使われていた軍国主義みたいな言葉かな…」というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。 実は、国体護持というのは日本という国の社会のあり方そのものを表す言葉でもあるのです。 今回は「国体護持」という言葉の意味について、できる限り簡単にわかりやすく説明させていただきます。

ページの先頭へ